咳が続くが熱はない症状


咳が続くが熱はないといった症状は喘息や気管支炎等が考えられます。
原因はエアコンの冷気、ほこり等のハウスダスト、ダニ、ペットの羽や毛、
花粉、たばこの煙、匂い、工場の煙、気圧の変化、食物等など考えられます。

珍しい症状ではなく、現在増えているそうです。
人によっていろんな要因がありますが人間関係のストレスからも咳は起こります。
自分自身が反応するアレルギーが原因なのです。

咳が続くが熱はない症状は気圧の変化、温度の変化、ペット毛や羽、匂いに凄く敏感に反応し喘息症状になってしまいます。
喘息の症状はゼイゼイ音、ヒーヒー音が気管支の炎症によって聞こえてきます。
急に温度差がある交通機関に乗った時、温度差がある部屋に入った時は咳が止まらなくなる時があります。

体質にもよるので、一度病院で検査を行いアレルギー反応がある物質の把握が必要ではないでしょうか。
自己のアレルギー反応の原因を把握すれば改善の方法も理解が出来ると思います。

アレルギーや喘息の場合は他人に感染をするケースはないですがマスク等で咳を抑える事も工夫にひとつです。
温度差の事を考えて常に薄手の上着等を持ち歩く事もお勧めします。


posted by 咳を止めたい at | 長引く咳を止めるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする